頭金0円でお家は購入できる?
MORTGAGE

頭金0円OK=貯金0円OK?
いいえ、違います。

住宅ローンの借り入れが出来るまで一時的に持ち出しが必要な費用があります
いずれも契約締結時に必要となります。
  1. 手付金
    売買契約書の署名押印と同時に、「売買契約を成立しました」という証拠などとして売主に支払うお金(手付金)が必要になります。
    手付金の金額は、物件金額の2割以内と法律で定められています。(物件金額1000万円200万円が上限。)
    しかし、実際には上限である2割いっぱいの手付金を支払うことは少なく、50万円~100万円くらいを手付金額とするのが一般的です。
       そして、支払った手付金は決済時に売買代金の一部として充当されます。

  2. 印紙代
    売買契約書、金銭消費貸借契約書(ローン契約書)にはそれぞれ「印紙」を添付する必要があります。
    売買契約書に添付する印紙は1万~4.5万円程度、ローン契約書には1万~2万円程度の費用が掛かります。

新築一戸建ての場合は、手付金・印紙代を含め、最低でも55万円程度は現金をお持ちいただく必要があります。
手付金は物件価格の一部とされるためこういった記事に書かれていることが少ないのですが、上記はローンの実行前に必要になるお金ですので覚えておきましょう。

ただ、諸費用を借りる場合は、この手付金・印紙代が組み込まれているので、住宅ローンの借り入れ実行時に戻ってきます。
さて、これでその他の費用についてもクリアに出来ました!
関連記事
住宅ローンについての詳しい解説や、お悩みについての関連記事です。

新規会員登録はコチラ

会員登録ってなに?




週間ランキング

週間ランキングを見る

ページトップへ