住宅ローン:固定金利と変動金利
MORTGAGE

変動金利と固定金利の違いについて解説しています。

固定金利 「金利が固定=返済額が一定」

【特徴】
  • 返済終了までの総返済額が、借りる時点で確定するのでライフプランが立てやすい。
  • 安心な分、金利は他のタイプに比べて高め。
  • 固定金利は、期間内のプラン変更が原則できない。
フラット35
全期間固定型の商品で多く使われているのが「フラット35」
フラット35とは、住宅金融支援機構と、民間の金融機関が提携する住宅ローン。
他の全期間固定金利の商品と比べて金利が安いため、多く使われています。
フラット35と民間住宅ローンの違い
   フラット35  民間住宅ローン
金利体系  全期間固定型
 (二段階金利もアリ)
 変動型
 固定期間選択型
 全期間固定型
融資限度額  8000万円まで  多くが1億円まで
保証料 ※1  かからない  かかる場合が多い
繰り上げ手数料※2  かからない  かかる場合が多い
団信保険料※3  金利とは別途かかる  多くは金利に含まれる
※1: 通常住宅ローンを組む際には連帯保証人を立てる代わりに金融機関が指定する保証会社に保証を委託する。この際に保証会社に対して支払うものを保証料という。
※2: 住宅ローンの定期的な返済とは別にローン残高の一部または全部を前倒しして返済すること
※3: 利用者が万が一死亡した場合保険金でローンが完済される保険


変動金利 「金利次第で返済額が変動する」

【特徴】
  • 半年に一度金利の見直しをされる。ただし支払額の変動は5年に1度
  • 年の間に金利が上がると5年後に返済額がアップするが、直前の返済額の1.25倍が上限
  • 2012年現在の金利は2.475%だが金利優遇※1が適応されるケースが多い。
※1 返済期間中は通常の変動金利より金利を下げる特約
1990年から2012年までの金利の推移 1995年から現在まで2%台の低金利が続いている。
特徴の部分でも少しふれたが、基準金利から金利を大幅に下げる(優遇金利)
金融機関が多く、実質的に史上最低水準で借りられる状況である。






お客様の状況によって、合う住宅ローンはそれぞれです。
お客様のライフプランに合った住宅ローンを利用しましょう。
関連記事
住宅ローンについての詳しい解説や、お悩みについての関連記事です。

新規会員登録はコチラ

会員登録ってなに?




週間ランキング

週間ランキングを見る

ページトップへ