インタビューに行ってきました
INTERVIEW

「二世帯住宅」を建てられたご家族のお話です。
大型住宅ならではお話や、3世代が集まる大家族が、
楽しく暮らせるプラン作りの秘訣などを伺ってきました。

PROFILE

No.
87
所在地
東京都東村山市
お客様
M様(73歳)
物件種別
建築条件付土地
家族構成
ご主人・お母様・息子様ご夫婦・お孫様・お嫁さんのお父様・猫
間取り
3SLDK+3LDK(二世帯)
  • お住まいになってどのくらいになられましたか?
  • (ご主人) とりあえずの家財を入れて、ここに住み始めたのが4月末頃だから、2か月くらいかな。 そのあとから、少しずついろんな荷物を家族で運びこんで。
  • 住宅購入の際、特に気にした点はありますか。
  • (ご主人) 立地面と環境ですね。
    ここは、見た時に一発で決めました。
    物件の価格とかそんなものは頭に無かったです。
    「ここだ!」って。
  • 今回、建築条件付土地で物件をご購入いただきました。
    「建築条件付土地」という言葉に抵抗を感じる方も多いのですが、どのように感じられましたか。
  • (ご主人) そんなものは頭に入れていませんね。
    この土地に家を建てられることには違いがないもの。
  • 家を建てる際にあった、建物設備の仕様やクロスの柄・畳など、様々な選択についてはどのように感じられましたか。
  • (ご主人) 細かいところは、私はあまり口を出していないから。
    建物に関しては息子達が色々やってくれました。
    ショールームとか行って、何度もいろんなものを見てきたようですね。
  • 間取りも自由に決められましたが、そちらは如何でしたか。
  • (ご主人) 年頃の孫もいる7人家族だから、できれば一人一部屋。
    最低でも部屋が6つ、それから、ひと月に一度は泊りのお客様が来るから、客間も必要になって、合わせて7つの部屋が必要だったわけだ。
  • 吹抜けを活かした、世界に1つだけのギャラリーです
  • 7LDK!かなり大きいお家ですよね。
  • (ご主人) もともと、このくらいの大きさの家がないと7人家族で住めないなって家族で話していて。
    だから弦間さんには最初から70坪前後の土地を探して欲しいって話をしていたんです。 それで、部屋数はこのくらい欲しいって、そんなことも言っておいたからね。
    初め1、2件紹介されたけど、そこは環境が良くなくって断ったんです。
  • どのくらいの期間、土地を探されましたか。
  • (ご主人) 半年くらい探しましたかね。 他の不動産屋さんも5、6社行って、あちこちの売出現地とかも行って、物件を紹介してくれって。
    まずは、買うんじゃなくて、不動産屋さんと接触してみようって考えで。
    でも結局、私の年齢で70坪の土地っていうのだけで相手にされないことがほとんどでした。 眉唾だなと思われたんだろうね(笑)
  • 弊社へはどのような経緯でご来店いただいたのでしょうか。
  • (ご主人) 弦間さんの友達が私の友達で。 その友達が弦間さんに、こういう人が居るから土地を探してくれって頼んでくれました。
    それで、弦間さんは私たちの状況を知って、親身になって探してくれたんです。
    他の不動産屋だったらここまでやってくれないだろうなってところまで。
  • 他の不動産屋さんとは入口から違ったんですね。
  • (ご主人) そうそう。 他の人はこの歳で70坪の土地を買うとかね、50坪の家を建てるとか、何を考えているんだって目で見られましたね。
    普通そうでしょう、こんな歳で(笑)
  • 2世帯住宅であれば、70坪の土地を一家の「お父様」が探している状況は、ありえないことでは無いと思いますが…。
  • (ご主人) 他の不動産屋さんには2世帯住宅にするとか、状況は話していませんでした。 だから、最初は物件を2、3件紹介されるんだけれども、この客は箸にも棒にも掛らないってなるみたいで。
    そうやって、ここら辺の不動産屋はたいがい接触しました。
  • それで半年で見つかったというのは早いですね。
    こんなに大きい土地はなかなか見つからないでしょうし。
  • (ご主人) その通りですよ。 30坪とか40坪くらいの土地はいくらでも売っているんですがね。
    弦間さんにも始めから、多区画あるところの2区画をまとめて買うことを勧められていました。
  • 息子さんご夫婦のLDKは幅広カウンターが付いています
  • この土地はどのように見つけられたんですか。
  • (ご主人) ここの土地は、売り出される1か月前くらいから弦間さんが 「この辺りで良い物件が出る予定だから、物件が出たらすぐ案内しますね!」って何度か連絡をくれていたんです。
    1か月後あたりに、弦間さんが車で来て「今から見に行きましょう!」って見に行って。
    それで、この物件はいいなって思ったんです。

    ここは3区画で売り出すんだけど、角地は地主の関係でもう契約になってるって言われたんですよね、最初。 だから角じゃない方の2区画でどうですかって。
    その時はこんなに良い条件の土地は他に無いし、角じゃなくても仕方ないなって。
    それから夕方に会社帰りの息子を連れて、もう一度見に来たんですよ。
    息子も「いいな」ってなって、すぐに決まりましたね。

    弦間さんにそれを言ったら、とりあえず買うっていう意思表示してくださいって。 そうしないと、良い物件は他からも手を出す人多いんだって。
    それで次の日すぐに書類にサインして売主にFAXを流したんだよな。
    で、OK貰って。 そこからパッパと話が進んで。
    ただ、息子が角地の方にしたいって言うので、変更してもらえないかと頼んだら、最終的に角地の方で大丈夫ということになりました。
  • この土地をご覧になってからトントン拍子に契約まで進まれたようですが、不安に思ったり悩んだりすることはありませんでしたか。
  • (ご主人) 考えるも何も、一目で「ここだ!」って決めちゃったから。
    その前から色んな物件を見に行っていたから、ここを見た時に、こんなところ2度と無いなって分かったので。
    他の不動産屋から紹介される土地は大通り沿いが多くて。
    私なんか田舎暮らしだったから、そんなところ住む気にならなくて。
    ここは一目で気に入って。 紹介されてすぐに私がOKで、息子も見に来てすぐにOKってなって。
  • 決断力がすごいですね。
    もうちょっと待ったらいいのがあるんじゃないかなとか思いませんでしたか。
  • (ご主人) そんなこと思っても、ここを逃したら、次がいつ来るか分からないからね。
    土地の面積のこともあるしね。
  • 建物は息子さん達が中心になっていたとのことですが、何か相談はされましたか。
  • (ご主人) 相談は受けたけどね。それも「いいよ、いいよ」って感じでした。
  • ご自身、あるいは息子さん達の、建物へのこだわりがあれば教えてください。
  • (ご主人) それぞれね、家を建てる時、自分の好きなことをひとつだけ主張するようにした方が良いですね。
    うちの息子は階段ね。 スケルトン階段。あれは息子が欲しいって言ったんです。
    費用が高くて、普通の階段の10倍くらいするんです。
    息子は凄く欲しいって言うけど、値段聞いて、どうするかなって悩んだの。
    結局つけたんだけどね。
    私は私でね、道楽を楽しむ部屋が欲しいって。
    それと1階は台所を広くして欲しいって。
    自分の好きなこと・やりたいこと、1人1つは言えよって。
    それが全体のコンセプトですね。
  • ご主人の楽しみが詰まった趣味の部屋
  • なるほど、パントリーとかすごい大きいですよね。
    ハウスメーカーとの打ち合わせは上手く進められましたか。
  • (ご主人) そうですね。 弦間さんが設計の段階からいろいろ立ち会ってくれて、いろんな助言をしてくれました。
    「こうした方が良いですよ、ああした方が良いですよ」て。
    そこまでやってくれるのかいって思いましたね。
  • そうやってお力になれたところはありましたか。
  • (ご主人) こちらが気が付かないこととか、いろんなことをやってくれて、お世話になりました。
    設計事務所との打ち合わせは5、6回やったんだけれども、半分以上は来てくれましたね。
    私のそばで話し合いを聞いててくれて、分からなくなったときに「弦間さん、どうなの?」って聞くと「こうなのよ」って教えてくれて。
    不動産屋さんって仲介業者だからね。普通、契約さえしたら後は接触しないのかと思ったら、最後まで面倒みてくれました。
  • 土地の契約の後、建物の設計にはどのくらい掛りましたか?
  • (ご主人) 3~4ヶ月ほどかかりましたね。
  • 建築過程は見に来られていましたか。
  • (ご主人) しょっちゅう見に来てましたね。
    どんなふうに建てるのか興味があったから。
  • お家の中で気に入っている所はありますか。
  • (ご主人) お風呂場だな。
    新しいタイプの浴槽だから違うのかもしれないけど。
    一番は田舎のお風呂場より広いところだな。
    まあ、気に入らないところは今のところないです。
    建てるまでに家族で色々話し合いましたからね。
  • 手摺りにもこだわりがある1.25坪バスルーム
  • お住まいになられて、「こうだったらもっと良かった」と思うところはありますか。
  • (ご主人) まだ玄関の方が完成してなくて、ちょっと手を入れている状態ですわ。
    雨が降った後、庭を歩くと足に土が着いて、玄関が泥だらけになるから。
    そのまま玄関入ってくると、息子に「靴底をちゃんと掃除しろ」って怒られて。
    だから、土じゃダメだったなって。芝生のほうがいいなって。
    あとは、駐車場が不便なんですよ。
    並列で2台ずつ、2列で停められるようにしたんだけど、使っている車が3台だから。
    前に車があると、誰かが前の車を一旦道路に出してからじゃないと入替ができないんですよ。
    それを何とかしようっていうのを計画してるんです。
  • どういう計画なんでしょうか。
  • (ご主人) 玄関の横に砂利を敷いてるスペースがあるんだけど、そこならなんとか車を1台入れられるんですよ。
    そこに車を入れられるようにしようと。
    そうすれば後ろの車も出せるようになるでしょ。
    スペースがあればいいと思ってたけど、そういう、住んでみないと分からないことってあるんですね。
  • 収納スペースがあることを忘れさせるロールスクリーン
  • これからご購入を考えている方へのアドバイスをお願いします。
  • (ご主人) アドバイスってことも無いだろうけどね。
    最初から考えてたことは、慌てて買ってブタを掴むようなことは絶対にしないようにしようって。
    安易に妥協して、変な物件に手を出さない。
    本当に良い物件で、決めるときは決める。
    基本的な事だと思うけどね。
    条件に合う土地を探すのは難しいだろうなって思っていたけど、 だからこそ、少し安いからって、泡を食って飛びつくのだけはやめようって家族みんなで言ってましたね。
  • そうやって慎重に探されていただけに、ここを見てすぐ決断されたところがすごいですよね。
  • (ご主人) ここを見た時は、こんな環境で、条件も揃った物件は二度と出ないだろうってね。
    私は家に居るから、インターネットや売出広告でずっと探していて、色々な物件を見ていたから。 安くは無かったけど、ここの良さが分かって。
    弦間さんも「こんな良い土地はなかなか出てこないよ」って言ってたしね。
    私もそうだと思ったし。
    弦間さんって一見とっつきにくいような感じだけど、なかなか真面目な人だな。
    本当、良い人紹介されたなって思います。
  • そう言っていただけると、弦間も喜ぶと思います。
    ありがとうございました!


インタビュー後記
BELOW


坪坂 茜
どっしり構えた重厚感のある外観。
少し圧倒されつつチャイムを鳴らすと、柔らかい物腰のご主人が迎えてくれて安心(笑)
広い玄関を皮切りに、シースルー階段、幅が広く歩きやすい廊下などなど、リビングに通されるまでに驚きがいっぱい!
かわいい猫ちゃんにもご挨拶しつつ、いろいろなお話を伺いました。
めったに伺えない二世帯住宅のお話は、今後、不動産業界で働く上でとても参考になる、貴重な時間でした。

 ̄ ̄ ̄インタビュー担当:坪坂


アンケートにお答えいただきました
QUESTIONNAIRE


Q1. この物件を購入しようと思った決め手はなんでしたか?
通勤・通学・買い物・医療施設等の住環境の利便性を考えて決定した。
Q2. ご購入に当たって心配だったことはありましたか?
新居なので、近隣とのお付き合いによるトラブル発生が心配です。
Q3. 当社を選んでいただいた決め手はなんでしたか?
長年の御社営業マン(弦間氏)と友人関係にあった知人の紹介で知り、
その後のフォローが大変良かったので決めました。
Q4. これから不動産購入をお考えの方にアドバイスをお願いします
一言で云う事は出来ませんが、基本的な事項は「Q1」で述べたことが
購入決定の決め手になると思います。
土地価格に拘っていては「Q1」の宅地選定は難しいと思いました。
Q5. 担当営業に対する感想をお願いします。
はっきり云って、不動産仲介業者の営業マンが建物が建て終るまで
真剣に施主のフォローをしていただけるとは思っておりませんでした。
恐れ入りました。
ありがとう。

担当者からの返事
REPLY

弦間 由美子
M様との出会いは、私の友人からのご紹介でした。
建築条件付土地を購入していただき、とてもすてきな
マイホームをお建てになりました。
M様、これからも良きおつき合いをお願いします。


新規会員登録はコチラ

会員登録ってなに?




週間ランキング

週間ランキングを見る

ページトップへ