インタビューに行ってきました
INTERVIEW


ご夫婦の思い+それを叶えるプロの思い
当社でも初めての、建築条件付土地で診療施設兼住居という珍しいケース。
都内から武蔵村山への移住を決められた、ご夫婦にとって初めての土地での初めてのお家造り。 離れた場所からどのようにお家造りをされたのかお話を伺ってきました。

PROFILE

No.
84
所在地
東京都武蔵村山市
お客様
Y.M様(59歳)
物件種別
建築条件付土地
家族構成
奥さま・旦那様
間取り
2LDK+歯科クリニック
  • 本日は宜しくお願い致します。
  • (ご夫婦) 宜しくお願いします。
  • 今回、建築条件付土地で物件を決められたのには、何かきっかけがあったんですか。
  • (奥さま) こちらに来たいな、と思っていた所に、建築条件付土地を紹介していただいたんですよ。
    注文住宅ですと、やっぱり資金面とかに限度がありましたので、 私達の予算に合わせて建築できる建築条件付土地っていうのはとっても魅力的だったんです。

    (旦那様) 資金的に注文住宅が難しいところを、建築条件付土地とはいえ、注文住宅のような形で、本当に私達の注文に叶った状態で建ち上げてくれたんです。
  • 今回は、ほとんど注文住宅のような感じですよね。
  • (奥さま) そうですね。 出来上がっていた建物を、リフォームするのではなくて、 設計する段階から立ち合わせていただいたので、それが本当にありがたいなと思いますね。
    最初はテナントで歯科医院の場所をお借りして、住まいはその近所にアパートか何かに住んで…それでやっていこうかなと思っていたので、一戸建てを買おうだなんて全く思ってませんでした。
    それで、お友達に相談しましたらね、「テナント料だって、いくら東京23区より安いとはいえ、これから何十年続けるという事を考えればお家を買っちゃった方が良いんじゃないの」って。
    「建売だったらね、建売の一階部分をちょっと改装すれば歯科医院もできるんじゃないの」っておっしゃられて、目からうろこでした。
  • 広さを確保するため、治療台の仕切りはロールスクリーンしたそうです。
  • クリニックを建築するとなった時に、海老原の方から建築条件付土地にするという提案があったんでしょうか?
  • (旦那様) 最初は中古のリフォームとかを検討していたんですけど、海老原さんに相談したら、180度発想を転換して土地から建ててみませんか、と提案してくれたんです。
    海老原さんは自分のプライベートな時間を費やしてでも、物件を探してくれたんだな~と感動しましたね。

    (奥さま) うふふ、先生[旦那様] がね、始めは「海老原さん」って呼んでいたのに、段々と「えびちゃん、えびちゃん」って呼び始めたの(笑)

    (旦那様) 最後は本当に、「えびちゃん、えびちゃん!」みたいな感じになっちゃって(笑) 色んな情報をどんどん提供してくれて、説明も的確に分かりやすく説明してくれたし。 非常に相談しやすかったです。

    (奥さま) 海老原さんは良いことばっかり言うのではなくてね。 「こういうのは良くない」とか、悪いこともちゃんと言ってくださったんです。

    (旦那様) そう、ざっくばらんに、正直にね。
    そういうところで、海老原さんの人柄、誠実っていう感じが凄く伝わってきました。

    (奥さま) とても話しやすい方だと思いますよ。 年齢も近いせいかな。
  • 建築条件付土地だと、やはり間取りの設計段階からやっていかないといけないですよね。 ここが大変だったなとか、誰かからアドバイスをもらって凄く参考にできたな、っていうことはありましたか。
  • (奥さま) 歴代の医院を参考にしながら…例えば、水道は何カ所あったよな、とか、受付はこういう感じになっていたよなとか、そういう記憶を基に設計の打ち合わせをしていきました。
    今までの使い勝手の良かった所も、悪かった所も考えながら、ここはこういう風にしたいとか、できる限り設計士の方にお願いしました。
    今まで色々なテナントで歯科医院をやってきましたけど、設計については殆どプロの方にお願いしてやってもらっていたんです。
    当然ですけど素人なのでね、柱がこの辺になきゃいけないとか、構造的に必要なことはもちろん分かりませんから、そのあたりは殆どお任せしちゃいました。

    (旦那様) うん、設計士さんと工務店さんと、細かいところから大きなところまで色々と相談しましたね。
    話しにくい事なんかは海老原さんを通して相談することができたのでとても助かっていました。



    (奥さま) あ!あとね、設計や仕様の打ち合わせをしている最中に「こういうのがいい!」て要望をしていると先生[旦那様] に「えーっ」って言われたりしたんです(笑)
    だけど海老原さんに「こっちの方が良いわよね」っていうと、「ね~」って同意してくださって、そうやって決めちゃったところもあるんですよ。
    素人だと図面だけでは完成した時のイメージってわかないじゃないですか。 だから「海老原さんはどう?」って聞いたら「それはこうした方がいいわよ」ってざっくばらんに言って下さったの。
    何でもかんでも「良いと思いますよ」じゃなくて「これはこうした方が良いと思いますよ」って言って下さっていたのでね、それが非常に助かりましたね。
  • お住まいがご遠方でしたよね。 建築状況を把握するのは大変じゃありませんでしたか?
  • (旦那様) 建築している間、担当の海老原さんがLINEを通じて、要所ごとの建築状況を送っていただいたので、充分建築状況を把握することができました。
    セメントを流す基礎のときから、ブルドーザーが動いてるところなんかも送ってくれて、遠方に住んではいたけど、武蔵村山まで来なくても手に取るように分かったんで、全然心配なかったですね。

    (奥さま) その点では、二人とも非常に満足していますね。

    (旦那様) ところで、入ってみた雰囲気とか、どう感じられましたか?
  • あったかい、雰囲気が優しいような…、 元々歯医者さんて「痛い、怖い」ってイメージがあるんですけど、ここはむしろ、安心する感じを受けました。
  • (奥さま) 先生(旦那様) の優しい人柄が現れたんですかね(笑)
  • 開院祝いのお花やクリスマスの飾りなどで華やかな待合室でした。


  • そうかもしれません。 高級感もあるんですけど、優しさを感じるんですよね。
  • (旦那様) それは一重に設計士さんとヒカリ企画さんの賜物です。
    事細かいアドバイスを結構いただいて、それを参考にして相談をすると、さらにそれを実現してくれるという形で、スムーズに進みましたね。

    (奥さま) やっぱり、どんなお仕事でも人柄って出ますよね。 図面に忠実に作ってくださって、きちっと丁寧にお仕事してくれましたものね。

    (旦那様) みなさんのそういう協力があって、中に入ると温かい感じがあるっていう風に感じていただいたんだと、その通りだと思います。
    ありがたいですね。ぎすぎすしたところが無くてね。
  • 間取りでお気に入りの部分はありますか?
  • (旦那様) 窓が多くて、光がたくさん入って、とても明るいところ。
    隣と裏に家が建ってますけど、光は充分入るんです。
    そういう、どうやったら光が入るようになるのかという設計は、やっぱり僕らじゃ分からないので、設計士さんの力ですね。

    (奥さま) そうですね、特に2階のお部屋がとってもあったかいです。
    朝起きた時は特に、朝日が入って来るってこんなにあったかいんだなって思いますね。
  • これから冬になりますし、お部屋が温かいと良いですよね。
    お住まいになってみて、ここがこうだったらな、と思った点はありますか。
  • (旦那様) もう解消した点なんですが、 駐車場の三台目の、歩道と車道との間に段差があるんですね。
    建築ができた当初は、それで車の腹をこすってしまって傷をつけたんです。
    それで、ヒカリ企画さんに、段差を平らにできないかっていうような話を申し上げたんですよ。
    僕ら夫婦としては、ブロックの一つだけでも移動させていただけたらいいなって話をしていたんですけども、数日中にご返答があって、切り下げ工事をしてくれるとのことで。 本当に誠意を持ってお答えいただいてうれしい限りです。

    (奥さま) あと、ベランダにある物干し台に屋根が欲しかったな。
    屋根が無いことに後から気づいて、「あ、ここ屋根が無いんだ」ってなって思ったの。 それと、自分達で選んだことなんですけど、2階の床材をほとんど白いのにしちゃったんですよね。 そうしたら、汚れが目立つというか、さぼっているのがわかるというか(笑)
    ですから、もし何年後か貼り換えることがあれば色を変えたいな、と思っています。

    (旦那様) 本当にそんな程度ですね。

    (奥さま) 2階の広さも、夫婦二人で住む程度には充分ですしね。

    (旦那様) うん
  • 開院は12月から、ついこの間からですよね。
    看板、とってもかわいいですよね!
  • (旦那様) そうですね、センスの良い看板にしていただきました。
    一目見て歯医者だって分かりますよね
  • お願いする看板屋さんとかは、こちらに来てから決めたんですか
  • (旦那様) いえ、工務店さんにご紹介していただいたんです。

    (奥さま) 何でも地元でお願いしようかなって。
    大きいところにお願いするよりも、印刷物でもなんでも、地元でお願いしようかなって。 これから長くお付き合いしていくと思って。
  • 駐車場と駐輪場が用意されています。外観も優しいイメージで通院患者さんの気持ちを和ませてくれます。
  • 実際に開院されてから、如何ですか?
  • (旦那様) そうですね。 ご近所の方に開院の挨拶をしたのですが、さっそくご近所の方からおすそわけなんかもいただいて本当に良くしていただいています。

    (奥さま) 近所の方が温かいですね。
    近所の方、というより、この町の方が温かいのかな。
    私が自転車で走っていても、知らない方もご挨拶してくださるとか。

    (旦那様) 土地柄自体が温かいというか。

    (奥さま) そこが最初びっくりしてね。
  • 武蔵村山市の地域性をご意見として伺うのはなんだか新鮮です。
    特に都心の方だと、武蔵村山市を知っている人が少なくて。
  • (奥さま) 東村山市と間違えちゃうしね。

    (旦那様) 陸の孤島っていわれますよね(笑)

    (奥さま) 電車が通ってないからねえ。

    (旦那様) 引っ越す前に、江戸川区の人に、「交通機関はあるのか」「電車は通ってるのか」って言われました。
  • ...電車は通ってないですね(笑) やはり駅が無いと不便ですか?
  • (奥さま) やっぱり電車は必要ですよね。

    (旦那様) でも、自転車でも5・6分でスーパーにも行けるしそこまで不便に感じないかな~。
  • 普段は自転車をお使いなんですか。
  • (奥さま) はい、上北台駅まで自転車で9分で行きました(笑)
    あとジョイフル本田も自転車で行きました。
  • !?
  • (旦那様) 凄いですよね(笑)

    (奥さま) 遠いですけど、自転車の方が安全なんですよ私。 私の運転はね。
    イオンモールとか、大きなお店もありますし意外と便利!
  • 凄いバイタリティですね!
  • では、最後に建築条件付土地のご購入を検討されている方にアドバイスをお願いします。
  • (旦那様) やっぱり、地元に根差した、ヒカリ企画さんのような、不動産屋さんがいいと思います。情報量が全然違いますから。
    あとはフットワークが良いことですね。海老原さんみたいに。
    返答が早いこと、アドバイスも的確で良いことも悪いこと教えてくれるっていうのは一番だと思いますね。
  • そういう不動産屋さんを探すっていうのは大変なんですよね。
  • (奥さま) そうですね。 私達は運よくめぐり会えたというのが大きいかな。
    私たちヒカリ企画さんに突然に行ったわけではなくて、歯科助手の方のご両親に紹介してもらったの。 その方も元々江戸川にお住まいになっていたのだけど、こちらに引っ越ししているのよ。
    その時、海老原さんにお世話になったんですって。
    で、海老原さんがとってもいいわよって、連絡を取ってくださったの。
    会社じゃなくて人でお願いしようってことで、海老原さんのいるヒカリ企画に伺ったんです。

    (旦那様) 口コミっていうかね、そういうのだと思いますね。

    (奥さま) もし、これから探している方がいらっしゃったら、ぜひ紹介させていただきたいと思います。
  • 江戸川という遠方からお探しとなると、こちらの情報も乏しいわけですし、紹介があると少し安心できますよね。
    環境が変わることに対して不安はなかったですか?
  • (奥さま) 環境に関しては無かったですね。
    多摩地域で探して、こちらに引っ越すことを前提に探していましたし。
    先ほどお話した歯科助手の方のご両親ですとか、結構こちらの知り合いも多いんです。 親戚は居ませんけど知り合いは比較的多いかなと思いますね。

    (旦那様) そうだね、お世話になっている方が、立川の方とかに結構いるんですよ。 この間もね、開院祝いに来ていただいたりね。
  • それでは今後は繁盛していくことを祈るばかりですね!
  • (旦那様) そうですね、ぜひね(笑)
  • 当社のホームページでもご紹介させていただきます。
  • (旦那様) ありがとうございます。 江戸川よりもこっちの方が自分達に合ってるんじゃないかと思えるほど良くしていただいていて、地域に根差した「歯医者」になっていきたいと思ってるので、周りの方々に感謝しつつ、お応えしていけるように頑張っていきたいと思ってます。
    夫婦共々、ひとつ長い間宜しくお願いします

    (奥さま) 宜しくお願いします(笑)
  • こちらこそ宜しくお願いします。 本日はありがとうございました。


インタビュー後記
BELOW


坪坂 茜
まず目に入ったのはかわいいクリニックの看板。
遠くから見ても「歯医者さんです!」と言ってくれているみたい。
そして建物の左右には“クリニック”と“自宅”それぞれの入口。
どちらからお邪魔しようかと悩みつつ、クリニックの扉を開けると、温かな雰囲気と明るい声の奥さまが優しく出迎えてくれました。
インタビュー場所が歯医者さんとは、なんとも不思議。
建築条件付土地で建てられた住宅以外の建物を見るのも、お話を伺うのも初めて。
興味津々でお話を聞くうちに、たしかにクリニックという特殊な仕様だけれども、向き合い方や根底にある思いは普通のお家造りと変わらない「良い物を建てたい」、 やっぱりそこなんだなと感じました。
そして開院されたこれからは、「クリニックを良くしていく」、「地域を良くしていく」、「仲間を良くしていく」そんな思いが伝わってきました。
地域の方とともに成長し、地域の方に愛されるクリニックになっていくのだろうと素直に思った、そんな素敵なご夫婦でした。

 ̄ ̄ ̄インタビュー担当:坪坂


アンケートにお答えいただきました
QUESTIONNAIRE


Q1. 不動産会社(担当営業)にどんなことを求めましたか?
正直に話して下さる事。
私どもの知らない専門用語(専門知識)など、分かりやすく教えて下さる事。
購入したいと思う地元に根差している事。
Q2. 不動産購入を思い立ったきっかけはなんでしたか?
住まいは持ち家(マンション)でしたが、職場はテナントでした。
駐車場を含めた家賃を考えると、今後支払う金額で不動産購入も考えられない事ではないかも・・・と思いました。
Q3. この物件を購入しようと思った決め手はなんでしたか?
もう一ケ所、近所に候補地があり、決めかけておりましたが、この物件のお話をいただき、両方の土地を比べてみました。
実際に見てみると、明らかにこの物件の方が、明るく、広がって行く様な感じを受けました。
Q4. ご購入に当たって心配だったことはありましたか?
資金面での工面と、新しい土地で商売を始める事で、今後の進展性が心配です。 今でも心配です。
Q5. 当社を選んでいただいた決め手はなんでしたか?
信頼する方のご紹介により、アポなしで伺いました。
とてもお忙しい日でしたのに、お時間を割いて下さり、こちらの一方的な話を聞いて下さいました。
Q6. これから不動産購入をお考えの方にアドバイスをお願いします
買いたいと思った時が「時期が来た!!」、「今だ!!」と思い、あきらめずに取り組んでみると、きっと購入の道が見つかり、「買いたい」が「買えるかも・・・」→「買えた!」につながるのではないでしょうか?
Q7. 担当営業に対する感想をお願いします。
良い事も、悪い事も率直に答えて下さいました。
一時、購入をあきらめかけた事もありましたが、親身になってはげまして
下さいました。 感謝しております。


担当者からの返事
REPLY

海老原 志子
最初は賃貸でお探しでした。 お会いしてからお引き渡しまで色々ありましたが、無事に新しい生活を始めていただける事が出来て本当によかったと思います。
私の家を建てるタイミングが一緒くらいでしたので、私の家の進行状況等をご覧になっていただき、イメージしていただきました。
年齢や好みなどが近かったので、とても楽しくお仕事をさせていただく事が出来ました。
新しい地でチャレンジするその行動と気力をとても尊敬しています。
お体に気をつけて頑張って下さい。
ありがとうございました。


新規会員登録はコチラ

会員登録ってなに?



週間ランキング

週間ランキングを見る

ページトップへ