インタビューに行ってきました
INTERVIEW


演奏家のご夫婦ならではの住まい探し

音楽を仕事にするご夫婦の視点から、住宅購入だけではなく
お部屋づくりについてなどさまざまなお話を伺いました。

PROFILE

No.
72
所在地
東京都武蔵村山市
お客様
Y.W様(30歳)
物件種別
新築一戸建て
家族構成
奥様・旦那様
間取り
3LDK
  • 本日は宜しくお願いします。
    素敵なリビングですね。照明も凝ってますし。 すごく可愛いです!
  • (旦那様) 奥さんのセレクトですので。

    (奥さま) たんぽぽの綿毛なんです。
    だから風に揺れると綿毛みたいにフワーッとなるんです。
  • 夜に影に揺れながら映って雰囲気があるんでしょうね。
    お部屋の雰囲気に合っていて素敵です。
  • (奥さま)ありがとうございます(笑)
  • いつごろからお家のご購入を考えていらっしゃったんですか。
  • (旦那様) 買う一か月前ですね。
  • えっ。
  • (旦那様) 買う一か月前なんですよ。
    もともと、小平の方の賃貸に住んでいたんだけど、そこにも引っ越してから一年も経っていなかったな。
  • 住まい探しに掛ける期間が一か月というのはとても短く感じるのですが、 短期間で決めたのには何か理由や、決め手があったんでしょうか。
  • (旦那様) まあ建売というのは決めていたんで。
    幾つか理由はあるんですけど、 ひとつは、一生に一度の買い物ではあるんですけど、資産的に考えたというか。
    建売を買えば、土地が自分たちの物になるから、今後移動するかもしれないことも入れて考えると、土地を持つことが資産的にも良いんじゃないかって。
    まあ、ずっとここにいても良いんですけど(笑)
    そういう感覚ですね。
    だから価格も抑えて考えつつ、資産的な見方で決めましたね。



    あとは、以前住んでいた賃貸が子どもとかペットとかダメなところだったんですけど、建売ならそういった制限はないので。
    別に、それらは入居のときの条件だったので、子供ができたからって、後から追い出されることは無いと思うんですけど。そんな感じに、賃貸は色々な制限があったんで。

    だからちょっと持家を考えようかってなって。
    そう言って建売を探してたら、割とお手頃な感じの物件があるねって感じなんです。
    それに、金利が今低いじゃないですか。だから、フラットの講習とかにも行ったんです。
    フラット35の住宅機構が開いてる講習があって、ファイナンシャルプランナーみたいな人が出てきて講習やってくれるんですよ。
    その講習でも「今なら購入が安いですよ~」みたいな感じだったので。
  • 1か月の間にローンについても講習でしっかり学ばれていたんですね。
    ところで、弊社のスタッフ、弦間についてはいかがでしたか。
  • (奥さま) 弦間さん!お元気ですか。
  • はい。相変わらずはきはきしてます。
  • (旦那様) そう! そんな感じで、はきはきした方だったので全体的な進みが速かったですね。
    1か月で購入を決められたのも、そのおかげ。

    (奥さま) テンポは自分達より速いくらいでしたね(笑)
    弦間さんに物件を色々と見せてもらったんですけど、残堀の方とか。
    でもやっぱり良い物件でしたね、ここ。広さがあるのに安かったし。
    ホントに安い。

    (旦那様) ここが案内で一番初めに来た物件だったんで。
    まずここを見て、それから5・6件見せてもらって。
    で、最終的にここに戻ってきた、みたいな感じで。
  • 物件見学はどのくらいを掛けて見学されましたか。
  • (旦那様) 日程とかあったんで、1週間から2週間の間で見て回りました。
    物件探しを始めてから物件を決めて申し込むまでが1か月、 引渡しは申込みから2か月半とか3か月半とか間隔を置いてやりました。
    書類とかいろいろな手続きもあったんで。

    (奥さま) それでも早かったですけど(笑

    (旦那様) わりとこっちのスケジュールに合わせてもらったので。
  • 弦間の対応はどのような感じに速かったんですか。
  • (旦那様) なんかこう、質問したらすぐに答えてくれるというか、 「すぐに確認します」って、折り返しがすごく速かったですね。
    電話したらすぐに折り返してくれるんで、そういうのが速いと助かりますよね。
  • ちなみに、弊社以外にどのくらい不動産屋さんに行かれました?
  • (旦那様) 行ってないです。
  • 見ていないんですか?!不動産屋さんも、住まい探しと同じくらい悩む方も多いと思うのですが…。
  • (旦那様) どこに行っても同じだろ、みたいな感じがあったんで。
    後は、ヒカリ企画さんはオフィスが綺麗じゃないですか。
    おじちゃんとかが開いてる、町の不動産屋さんみたいじゃないところが良かったんですよね。
  • ありがとうございます。
    物件は基本的に武蔵村山のエリアで探されていたんですか?
  • (旦那様) そうですね。 物件価格というか、相場から見てこの辺りが妥当だろうと。

    (奥さま) 小平でもちょっと見たんですけど、値段が高かったんですよ。
  • そうですよね、少し相場が上がってしまいますよね。
    お住まいだった小平から、別のエリアである武蔵村山へ住み替えられることに、抵抗はありませんでしたか。
  • (奥さま) 私の実家が青梅なんですよね。だから、武蔵村山ならちょっと近いんですよ。

    (旦那様) 僕は実家が三鷹なんです。
    それで、三鷹を出て小平に行って、今度は武蔵村山に来てるんで、どんどん西の方に(笑
  • このお家を初めて見た時はどのような印象でしたか?
  • (旦那様) やっぱり内観が他と違いますよね。
    一般的なクロスだけじゃなくて、部分部分でパターンが変わってて。
    それで、吹抜けじゃないけど、LDKが勾配天井になってて、ちょっと高さがあるから部屋が広く見えたし。
    後は、敷地の面積とかも、僕たちが見た中では、ちょっと広いんですね。
    そういうのもあって。 まあここは良かったですね。
  • こういうデザイン的なお家を探されていたんですか? 照明やインテリアもおしゃれだったので、そう感じたのですが。
  • (旦那様) デザインが良い家を探していた、って訳ではないですね。
    インテリアはもともと好きなんで。

    (奥さま) 家を買うって決めたのが、ここに決める一か月前だからね。
    だから、これが良いこれは良いって探してるような暇もなく、ここに決めた感じで。
  • 一か月という期間で購入を決めることに不安はありませんでしたか。
  • (旦那様) うだうだやってても終わらないし、同じことなんで。

    (奥さま) ふふ(笑
  • 奥様もそんな感じで。
  • (奥さま) 「ここ!」って言って。
  • バシッと決めた感じですか。
  • (奥さま) はい(笑

    (旦那様) 購入申込みのときに、他のお客さんとかぶりそうになったのもあったんですけどね。

    (奥さま) ギリギリセーフだった。
  • ご購入前、2階のLDKの家についてはどう思っていましたか?
  • (奥さま) 日当りが良いかな。

    (旦那様) まあ、ここがもともと北道路の建物なので、向かいの家みたいな南道路の家と比べると日当たり悪いんですよ。
    それで2階リビングにしているんでしょうね。
    でも、僕らは昼間は日光をそんなに必要としていないというか、最小限入れば良いというか。
    このくらいの日当たりで、別に不満なことはないっていう考えだったので。

    (奥さま) うん、すごく良いと思う。 日が当たりすぎず丁度良い感じ。

    (旦那様) 夏も暑くなり過ぎないので。
  • じゃあ、北道路で2階にLDKというのは、結構よかったんですね。
  • (奥さま) うん、良いと思います。
    でも今年の夏はちょっと暑かったじゃないですか。
    なので、しょうがなくリビングにエアコンを設置したんです。
    付けたくなかったんです。本当は。

    (旦那様) 最初は見た目を気にしてエアコンは付けてなかったんですよ。
    それに、リビングが広いから、広い部屋用のエアコンって値段が高いじゃないですか。
    ここに付けた1台だけで20万ちょっとするっていうこともあって渋ってたんですけど、仕方なく(笑
    後は、2階リビングだと足腰に良さそう。
    老後に向けてっていうか、階段の上り下りだけで鍛えられるのか分からないけど。

    (奥さま) 上り下りだけの運動でも、使って無いよりは、使った方が絶対良いですからね。
  • LDKが2階にあることで、何かデメリットはありましたか?
  • (奥さま) 冷蔵庫がね、最初入らなかったんです。

    (旦那様) 運送業の人に聞いたら、階段の手すりを取れば、何とか入れられるって話になったんですよ。
    でも結局、手すりをとるのも手間だし、また付けるのも大変なので、自分たちで2階に上げました。 業者が諦めたので。
  • 運搬業者さんが諦めてしまったんですか?!
  • (奥さま) 階段を通って運ぶ以外の、バルコニー側からクレーンで2階まで上げる方法も、紐で吊るして2階に持ち上げる方法も、どっちも建物を傷付けちゃうから無理だってなって。

    (旦那様) 引っ越し業者としては家を傷付けられないからでしょうね。

    (奥さま) だから自分達で、冷蔵庫の梱包を全部外して、ドアも取れるだけ取って、軽くして。
    そこに紙の紐みたいな物でぐるぐる巻きにして。

    (旦那様) それを取っ手にしたんです。

    (奥さま) 「無理だったら引き返せばいいよ」ってことで、とりあえず二人で階段から運んだんですけど。 一回途中まで上げちゃったら、もう下がるに下がれなくなって「もう死んじゃう!」ってなって。
    そのうえ、紙紐もパアン!って切れちゃって。主人が下だったので、私は上で冷蔵庫を担いで、その状態で最後まで運んで(笑

    (旦那様) それに、せっかく上って来たのにリビングの入り口も狭かったから。
    階段を上がってから、さらにキッチンの中まで持ってくるのが大変って言うこともあったんですけどね。
    やっと上ってきたと思ったらこっちも狭いっていう。
    二人とも柔道をやっていたので、運べるだろうと思ったんですよね。
    ただ、苦労して2階に上げた分、老後が心配ですよ。
    老後になったら自分たちで運ぶのは多分無理なんで、子供とかに運んでもらうしかないですよね。

    (奥さま) 冷蔵庫に限らず、この家は搬入が難しいんですよ。
    このソファもギリギリですね。背もたれを取ったりして2階に運んだんです。
    あと、ペンダントライトを設置するときも。
    ここの勾配天井の高さってかなり高いみたいで、電気屋さんがここの階段を通れる中で一番長いはしごを持ってきた時も、天井まで手が届かなかったんですよ。
    ギリギリのところで、つま先プルプルしながらやってくれてて(笑
    それで、「もうそれ以上の高さだと入らないですよ」って言われて、そこも大変だった。

    (旦那様) でしたね。
    それに、今、ライトの根本のカバーが、ちゃんと嵌ってないんですけど、 これ、ペンダントライトの勾配天井用の蓋が見つからなかったからこうなってるんです。
    そこがちょっと失敗だったね。
  • あともう一つ、リビングにある大きなカウンターはどのように使われていますか。
  • (奥さま) これね、友達来た時にビュッフェみたいにして、料理並べました。
    はじめて見た時に「これはビュッフェの棚だっ!」て思ってたんですよ。

    (旦那様) 最初からは思ってないだろ(笑

    (奥さま) いや、もう絶対ビュッフェになるだろうなって思ってた。
    だからお料理並べて、ろうそく立てたりして明るくして。 楽しかったです。
  • 使い方おしゃれですね!
  • (奥さま) 食べることが好きなんで。
  • インテリアとか、お料理関係のお仕事をされているとかではなく?
  • (奥さま) 私は接骨医院でリラクゼーションマッサージ。
    旦那さんは会社の事務。

    (旦那様) 二人で音楽の仕事もやっているんですよ。
    まあ別々の演奏家としてなんですけど。
    なんか、そういう感覚があるんじゃないですかね。おそらく。
  • 芸術家としての感覚ですね!
    それにしても、ビュッフェは思いつきませんでした。
  • (旦那様) 弦間さんは「子ども用の学習机に良いですよ」って言ってましたね。

    (奥さま) 子ども生まれたらそれで使えるもんね。
  • 勉強机やワークスペース、PCスペースなどなど...
    いろいろな用途に使えるリビングカウンター
  • それも確かに。
    ビュッフェ、お友達の反応はいかがでしたか?
  • (奥さま) 喜んでました。
    「ビュッフェ並んでる~」ってちょっと笑われましたけど(笑
  • ミュージシャン仲間の方々を呼んだりされるんですか。
  • (旦那様) その関係の方も来ますし、親戚とかも。

    (奥さま) 友達も来ます。
  • お客様からはどうですか、このおしゃれな感じの評判は。
  • (旦那様) みんな喜んでますよ(笑
    でもペンダントライトのキャップが嵌りきってないことには誰も触れないっていう。
  • でも、お二人に言われなければ気が付きませんでしたよ。
  • (奥さま) 良かったです(笑
  • このクロスの模様にバリエーションがあるのはどうですか。
  • (奥さま) 可愛いです。

    (旦那様) そこのブラウンのクロスは、よく見るとちょっと金の筋がちょっと入ってるんですよ。 そういうのも結構可愛いなって思って
  • クロスまでしっかり見て決められたんですね。
  • (旦那様) まあ後で自分でアレンジもできますしね。 デザインクロスが貼ってあるところだけ貼り替えるとか。
    全部同じクロスを使っている建物よりも、逆にアレンジをしやすいんで。 ここは貼り替えれる場所、みたいな感じに。まあどこでも変えられるんですけど。
  • 各スペースを彩るアクセントクロス
  • 本当にこちらの物件を気に入られてご購入されたんですね。
    他の物件と比較されたりはしましたか?その場合、どういった点を比べて今のお家に決定されたんでしょうか。
  • (奥さま) 他の家はちっちゃかった。

    (旦那様) ちっちゃいのと、あとは、良いなって思った建物も、分譲の中の奥だったりして良くなかったんですよ。
    建て構え的に、建物が分譲の奥にあると見栄えが良くなかったりするんですよね。 4棟分譲の奥、みたいな感じだと、なんか賃貸の戸建みたいな気分になって来るんで。
    だから、建て構えがはっきり見える家が良いなって言うのがあって。
    それともう一つ、音楽の仕事をやっているから、防音室を入れるんですよ。ちっこい部屋を。
    それは1階のリビングに置くと邪魔だし、見栄えも悪いし。 出来るだけ個室のスペースに防音室を入れたかったんですけど。
    2階の個室に置くには重すぎるんで、2階に置くよりは1階に置く方が、建物に負荷が掛らないだろうっていう考えもあって。
    だから、2階リビングで1階に個室があるっていうこの間取りが、僕らのやっていることに対して丁度良いんですよ。 前のところでもそう言う理由で1階を選んでました。
  • 防音室を置きやすい住まい、という点を重視されていたんですね。
  • (旦那様) まあ、選択肢の一つとして。

    (奥さま) 練習しないといけないので。ね!

    (旦那様) うん(笑
    あと、防音室とか楽器類をリビングに置きたくないっていうのがあって。
    だから、2階リビングの家になるっていうのは必然的と言っちゃ必然的ですよね。
  • 防音室を作り、演奏専用のお部屋として使っています
  • 他にこのお家で良かったところや、こうだったら良かったのに、という点はありますか?
  • (奥さま) この対面式のキッチンが良いですね。 リビングに背中を向けなくて済むんで、料理をしていても話はできますよね。
    あと、ここ(開口部の幅)のスペースが結構広いので、カウンターみたいに料理を置いてそのまま運んでもらえるっていうのも助かるし。
    それに、キッチンの横にある収納が色々入れられて便利ですね。
    台の下にある収納も大きいし、深さがあるからゴミ箱も(スライド式収納)も全部ここに入るし。
  • キッチン下にゴミを入れるのは初めてのアイデアです!確かに、ここに入れると便利ですよね。
  • (奥さま) ニオイが広がりにくいから臭くないし。
    ここの収納って、そういうものだと思ってました(笑

    (旦那様) なるべく物を見せないっていう考え方ではあるんで。 仕舞えるものは閉まってますね。
  • 道理で入ってきた瞬間、すっきりしてるなっていうイメージでした。 キッチン周り、物が少なくて良いですね。
  • (旦那様) まあ今のところ二人だからっていうのもあるんでしょうけど。

    (奥さま) もう一人二人とかできたらどうなるか分からないですね。

    (奥さま) あと、収納と言えばウォークインクローゼット。広くて助かります。 衣類と鞄類と、布団とかもしまえるし。
    そういえば、お客様用の布団を入れる場所が無いんですよね。
    と言うのも、1階の一部屋が空いてるんですけど、そこのクローゼットが結構大きくて。
    本来だったら、そこに布団を入れられるんですけど、今は主人のドラムセットが積まれてて。 そこはもうドラム置き場になってるから、たぶんもう一生使えないだろうなって。

    (旦那様) 一生は言い過ぎだと思うけど、きっと空かないんでしょうね(笑

    (奥さま) そこは子ども部屋にするつもりだけど、たぶんクローゼットには子供の洋服も入れられないから。 とりあえずワードロープを置いてるって感じです。
  • LDK以外で、何かお気に入りのポイントはありますか?
  • (奥さま) いろいろ結構良い。トイレも2個あるし。スペースもあって、可愛いし。
  • 1帖のサイズで大きいし、クロスがおしゃれですね。
    トイレの棚は使っていますか?
  • (奥さま) 使いやすいです。トイレの棚は結構、助かってます。
    掃除用具とかトイレットペーパーとか消臭スプレーとか。
    隠したい物は全部入れられるから良いです。
    助かります。
    後は何だろう。そうだ、キッチンの汚れがすごい落ちやすい!

    (旦那様) なにそれ知らない(笑
  • ワークトップの人造大理石ですね。
  • (奥さま) それと、お風呂も綺麗になりやすい

    (旦那様) うん、お風呂の水が掃けるのが早いのは感動しましたね。

    (奥さま) カビもあまり生えないですね。
    それと良くなかったことなんですけど、リビングのドアを開けたままにしておくと、キッチンの収納が開けられないっていうのが。
    なので、収納を空ける時は、ちょっとリビングドアを動かして収納を開け閉めしてます。
  • 最後に、皆さんにお聞きしているんですが。 今後これから新築一戸建てのご購入を検討されている方にアドバイスがあれば。
  • (奥さま) リビングが2階のときは、冷蔵庫の大きさに注意。
    冷蔵庫以外は、たいていの物は持ち上げられると思うけど。
    あとL字のソファは気を付けた方が良い。入らなかったので。
    家具搬入に気を付けて。

    (旦那様) 僕はインスピレーションとかフィーリングは大事だと思う(笑
    でも、やっぱり自分たちの趣味とか、生活に合わせてっていうか。
    自分たちのライフスタイルに合わせた住宅に決めるのが一番いいんじゃないですか。
    僕らみたいな音楽やってるとかなら、1階を防音室で、みたいな感じに。
    それだけ(笑
  • 建売でも、探せばライフスタイルにピッタリな家を見つけられるんですね。
    ありがとうございました!


インタビュー後記
BELOW


坪坂 茜
建売といっても、お部屋ごとにさまざまなアクセントクロスが使われ、リビングには長いカウンターがあるお洒落な家。
どんなご夫婦が住まわれ、どんな風に使われているのか、伺う前から楽しみでした。
「おじゃまします」と入った新居は、『生活感』がほとんどと言っていいくらいに無く、その替わりにそこかしこに見える『おしゃれ感』に心がワクワク♪
気になっていた「アクセントクロス」も「カウンター」も、ご夫婦ならではに楽しんでいらっしゃる印象をうけ、これはお家自身も喜んでいるんではないかと思ったほど。
お話を伺ううちに、ご夫婦にとっての大切なこと、譲れないポイントをしっかりとお持ちで、だからこそ短期間でも納得のお住まいを見つけ、さらに‘使いやすい’ように‘住み良い’ように住まいをアレンジしていくことができているのだろうなと思いました。
ステキシンプルに妥協せずこだわる!だけど住み心地の良い空間がしっかりある。
演奏家のお二人ならではのセンスがキラりと光るお家でした。

 ̄ ̄ ̄インタビュー担当:坪坂


アンケートにお答えいただきました
QUESTIONNAIRE


Q1. この物件を購入しようと思った決め手はなんでしたか?
内装のかわいらしさと、設備が充実している所に魅力を感じました。
又、駅からも徒歩圏内ですし、小学校、中学校も近く子供を育てていくにも良い環境だなと思った事が決め手でした。
Q2. ご購入に当たって心配だったことはありましたか?
土地の状況や騒音、家の耐震性、等が心配でした。
Q3. 当社を選んでいただいた決め手はなんでしたか?
清潔感と、対応の早さに好感を持ちました。
弦間さんのお人柄も安心でき、私達夫婦にとっては初めての大きな購入でしたが、心にゆとりを持ちながら、購入の手続きを終える事が出来ました。
ありがとうございました。
Q4. これから不動産購入をお考えの方にアドバイスをお願いします
気に入ったお家は無くなってしまう事があるのでタイミングが大事だと思います。
先を越されないように「今!」と思う家に出会ったら、直ぐ動く事も大切なのかなと、今回の購入で思いました。
Q5. 担当営業に対する感想をお願いします。
切れのある口調でいて、質問には親身になって答えてくれる、優しさや温かさのある方で、安心して頼る事が出来ました。
弦間さんの対応が早かったお陰で家を購入する事ができました。
本当にありがとうございました。

担当者からの返事
REPLY

弦間 由美子
ご夫婦ともに決断力があり、素敵なマイホームを購入なされました。
W様のおっしゃる通り、タイミングって大切なんだな、と私もつくづく思いました。
弊社からも近いですので、ぜひまたお立ち寄りください。
この度はマイホーム取得おめでとうございます。


新規会員登録はコチラ

会員登録ってなに?




週間ランキング

週間ランキングを見る

ページトップへ