任意売却の流れ
SALE ASSESSMENT

売却をお考えになるきっかけはライフスタイル、家族構成の変化、
環境や経済状況の変化など、 お客様それぞれ。
それに伴い売却の流れは変わりますが ここでは、一般的な売却の流れをご説明します。

任意売却のフロー
インターネットや、チラシなどで物件周辺の相場を見てみましょう。 ご自宅の売却希望金額の参考となります。
現在は、複数同時に査定依頼を出せる不動産ポータルサイトも珍しくありません。
そういったサービスを利用して、不動産会社の対応を見たり、不動産会社について知ると不動産会社を探す目安になります。
他にも、地域密着の不動産屋等、周辺で目にしたことのある不動産業者の情報を集めてみるのもよいです。
査定依頼から不動産業者とのお付き合いが始まります。
周辺相場や周辺物件を参考に、立地、築年数、面積、状態などをプロの目で総合して判断します。
不動産会社により様々な見方があるため査定価格にもばらつきがある場合があるため、
複数社に査定依頼をしてみると良いです。
査定価格に納得できたところで、正式に売却を不動産会社へ依頼するため媒介(仲介)契約を結びます。
主な媒介契約の形態は3つありますが、自分の希望する売却方法などをふまえて、どの契約を結ぶか決定しましょう。
媒介契約後、物件の販売促進活動に着手します。

媒介の種類

 専属専任媒介  専任媒介  一般媒介
   
 契約後5日以内にレインズへ登録  契約後7日以内にレインズへ登録  レインズの登録は売主の任意
 不動産会社は1週間に1回以上売主に業務報告  不動産会社は2週間に1回以上売主に業務報告  不動産会社に報告義務は無し
 売主が自分で見つけた購入希望者と直接契約してはいけない  売主が自分で見つけた購入希望者と直接契約可能
担当者のアドバイスに耳を傾け、最善の策を一緒に練りましょう。 最低価格で速やかに売却するのか、希望価格でじっくり待つのか、見極めが肝心です。 当社には買取制度もございますのでいざというときも安心。 当社における販売活動一例:既存のお客様へのご紹介、新聞折り込みチラシ、インターネット(自社HP・SUUMO、athomeなどのポータルサイト)ポスティング活動
購入希望者が現れたら、購入希望者と不動産業者と申し込み手続きを行います。
引き渡し日や、価格、代金の支払い方法などの条件交渉がある場合がありますが譲れる点と譲れない点を明確にし不動産業者に伝えつつ、交渉を進めるとよいです。
売主様、飼い主様双方のご意見ご要望を伺い、不動産業者が売買契約を行う場所と日程の調整、「重要事項説明」の準備を行います。
契約締結の前に「隠れた傷(瑕疵)」や引き渡し条件などの具体的なご説明や、売却に関する様々な取決めを双方ご納得頂けるまでご説明いたします。
売買契約書を取り合わせ場売買契約の成立です。
購入者から手付金を受け取り、不動産業者に支払う仲介手数料の半額を支払う必要があります。
引き渡し手続きでは、売買代金を受領するのと同時に登記関係(抵当権抹消、所有権の移転)などを行います。 旧居の住宅ローン残債があれば清算し、引っ越しがまだであれば速やかに手配します。 その後、契約書に記された期日通りに買主様への引き渡しを実行します。 決済と同時に物件の引き渡しを行い、売買契約はすべて完了となります。

売却査定を依頼する

新規会員登録はコチラ

会員登録ってなに?



週間ランキング

週間ランキングを見る

ページトップへ